ひむろ雄一郎(趣味)

 

剣道・読書

剣道 じつは.現在の宇城市は昭和40年代は、剣道の盛んな地域でした。 立派な指導者が多くおられ、三角小学校時代から剣道が盛んで、県下の大会でも活躍が注目されておりました。
 私も小学校の時代から地域の方々が続々と剣道の稽古に出向いてこられ、小さい我々を真剣に指導して頂きました。その結果、 小学校・中学校の合同の稽古も頻繁に行われ、大変な稽古を求められました。おかげで 、三角中学校時代に中体連で先鋒として出場し、 見事、県大会でも優勝いたしました。その実力を見込まれて某学園(高校野球で有名なアルファベット二文字の学園)からスカウトを受けました。 しかし、他の同級生はその高校に進学しました。でも私は宇土高校に進学し高校は宇土高校の卒業です。
 県議会議員になる前は熊本県の高校の教師を 24年間勤めておりました。その間、各学校の剣道部の監督として、各種の大会や、福岡でおこなわれる玉竜旗の大会等をめざして生徒とともに練習に励み、 剣道がいつの間にか、私の趣味となってしまいました。現在は年齢的にも激しい練習に耐えられず、引退をした形となっておりますが、 竹刀の音を聞けば自然と血が騒いでまいります。テレビなどで剣道の中継があれば良く観て昔の時代を思いだしております。

 その他の「趣味」と言えば、 「読書」を挙げております。時代ものが好きで、司馬遼太郎の小説はほとんど何回も読み感激を繰り返しております。また松本清張に凝って、 これもほとんど読破してしまい、現在もまた読み直しております。寝る前には、本がないと寝つきが悪く、毎日少しづつ読んでから床に就く毎日です。 経済や政治に関する本も必要とはおもいますものの、なかなかそこまで手が回らず、反省の毎日です。
 私の写真(上)は、素人の剣道を知らない方が上手に 合成の写真を作って載せてくれましたが、忍者のような写真で奇異にかんじられますが、気に入っているのでそのままにしております。 ちかぢか変更する予定です。
 趣味といえるものは、少なく、その他の趣味といえるものはありませんが、何か新しいものに挑戦し、 幅を広げていかなくてはとかんがえております。以前は「絵」を描いておった時期もあります。素人ですが、幾枚かの「絵」を友人に折りあるごとに 贈ったこともあります。クレヨンを使った「絵」で貰った方も迷惑だったと思いますが、いまは多分私の贈った「絵」は焼却されているのではとも 思っております。これからも機会があれば「絵」もまた描きたいと考えております。